ハイヤーは旅の非日常性と快適な移動を約束します

ハイヤーという言葉を聞いた時、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか。おそらく、会社の重役が必ず業務用で使用するタクシーの高級車版といったイメージを持つことが多いでしょう。確かに一部上場企業の取締役や国家公務員の事務次官クラスとなると、このようなクラスの車を頻繁に使用することが増え、そうした場面が映画やドラマ、あるいは報道などで頻繁に使われることが多くなります。ハイヤーは非日常的な場面に使用するのに最適であり、ある意味、あこがれの対象になっているとも言えます。

では、一般的な生活者が非日常的な場面に遭遇する場合とはどのような場面を指すのでしょうか。それは、冠婚葬祭といった人生で必ず遭遇するライフイベントを除いた場合、旅行などの機会が挙げられます。日本人が旅を始めたのは、江戸時代に庶民がある神宮の参拝を行うようになったことが起源であるとされます。それまで、参拝できたのは皇族や武家など裕福な層に限られていましたが、五街道の整備と明治維新に伴う関所の撤廃により街道の通行が自由となったことで、移動にかかる費用が低減し、庶民でも参拝をすることができるようになりました。当時の庶民にとって神宮はあこがれの場所であり、まさに非日常的な場所だった訳です。このような経験を日本人がしていることから、旅は現代でもまさに非日常的な体験ができるものであり、あこがれのものとなっています。

そうした非日常的であこがれの対象となっているものの一つにハイヤーがあるとするならば、それは旅の非日常性と憧憬の念を抱かせる性質をさらに補強するものということができるでしょう。実際に、多くのタクシー会社が保有しているハイヤーの設備を確認すると、本革製の革張りのシートを設け、後部座席は広々としておりゆったりとした作りとなっていることがほとんどです。それはさながら自動車版のグリーン車と言っても過言ではありません。そうした設備もさることながら、運転手のスキルも非常に高くなっています。一流ホテルのコンシェルジュ並みに洗練されたスーツを着こなし、車中ではTPOに応じた会話をし、行く先々で適切な観光案内をしてくれるあなた専属のドライバーがいれば、その旅の非日常性はより高まるものとなります。

このようなハイヤーを利用するのに最適な場所は、やはり東京や大阪などの大都市です。なぜなら、公共交通機関が網の目のように発達しており、旅行者にとっては目的地までの到達方法が分かりにくいからです。その点、ハイヤーを事前に予約さえしておけば、自分たちが希望する場所まで安全かつ快適に連れて行ってくれます。確かに公共交通機関を使えば支出金額は安くなりますが、一方で快適性という意味では公共交通機関は劣ります。大都市で観光を行う際には快適性を大切にすることがポイントです。