ハイヤーの様々な利用方法

ハイヤーは個別輸送機関の中でも役員の輸送手段としてや企業、官公庁への訪問など格式が求められる状況で利用される交通機関です。そのため完全予約制であり、一部の企業や官公庁などでは車番や運転者氏名が確認できるハイヤー以外は入れない場合もあります。昔は一般的なセダンタイプが主流でしたが、使用方法の多様化に伴いハイブリッドタイプやワゴンタイプを用意している会社も増えてきています。ハイブリッドタイプは燃費も良く、周りに威圧感を与えませんし、ワゴンタイプだと大人数で使用するときやゴルフなど荷物が多いときでも快適に利用することができます。

また企業が役員の通勤用として専属で契約する場合もあります。社用車を所有する場合には車の維持、車検等に費用がかかりますが、ハイヤー会社と専属契約をすることでコストや人件費も抑えられますし、ドライバーも確かな腕の人間が専属で付くため安心して任せられます。利用頻度や走行距離によってかかる値段は変わってくるので契約時に確認をしましょう。さらに、社用車が使用できない時の代車としてスポットで利用することもできます。片道から使用できるので用事で社用車がふさがってしまったときも安心して利用することが可能です。

海外からVIPが見える時や役員が出張に行くときなど、空港への送迎にもよく利用されます。外国語の堪能なドライバーにお任せすれば通訳を別に手配する必要はありませんし、お客様が途中寄りたいところがある場合などでもリクエストに応じられます。出張の際も長期の場合自分の車で空港まで行くと帰ってくるまでの駐車場代や盗難等の心配がありますが、ハイヤーなら空港までの間だけ利用することができますし、あらかじめ帰ってくる日時がわかっていれば予約しておくこともできます。万が一飛行機が遅延した場合でもフライト状況を確認して対応してもらうことが可能ですし、相手の顔がわからなくてもネームボードを提示してくれるので確認することができるでしょう。

ゴルフ場へのビジネス接待や役員会議など、大人数や大荷物での移動の際にはワゴンタイプが便利です。1日単位での貸し切りができるので終了時間がわからないゴルフ場への送迎や視察箇所が複数ある役員の移動の時には特に便利です。ワゴンタイプの車で役員の送迎に使用できるものを社用車として保持するには費用もかさみますし、いつも出番があるとは限りません。そしてゴルフなどの際に個人の車で行くとなると帰りの運転のことを考える必要があり、全力でゴルフを楽しめなくなることもあるので、ワゴンタイプのハイヤーの利用がおすすめです。