タクシーとハイヤーの違いってどんなところ

車での移動手段の1つであるタクシーは、どこの街に行っても駅前や大きな道路を歩いているとつかまえることができます。一方、ハイヤーと聞くと重役や官公庁の方が乗っている車といったイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。この2つの特徴や違い、利用方法などについて紹介します。

ハイヤーはVIPが乗る車を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実は道路運送法上では定義は特になく、タクシーの1種と見なされています。では、どこに大きな違いがあるのかというと、まず料金の精算方法が異なります。タクシーは通常乗車してから降車するまでの距離や時間に応じて料金が生じます。一方でハイヤーは完全予約制で貸切で運行するので、車に料金メーターのようなものは搭載していません。一般には配車する営業所からお客様をお迎えし、そしてお送りして営業所に戻るまでの区間で精算されるので、タクシーよりも割高になります。具体的にどれくらいの金額がかかるのか知りたいという人は、見積もりもしてもらえるので、まずは問い合わせをしてみるとよいでしょう。

車両にも異なる点が見られます。タクシーは一目でわかるよう、車体の屋根に屋上灯が設置されていますがハイヤーには見られません。車両についても、タクシーの中型車以上の大きさの国内外の高級車を使用している場合が多く、色は黒で塗られています。そのため、走っていても見た目だけでは普通の車と同じように見えます。料金メーターもなく、移動中に仕事をされる人のために、Wi-Fiの接続ができたり、パソコンを使用するための電源が設置されている車両もあります。また、乗降時にタクシーはドアが自動で開いて自分で乗り降りしますが、ハイヤーの場合はドライバーがドアの開閉を行います。トランクに積んだ荷物の出し入れも行います。

ビジネスで利用したり、海外から訪れた特別なゲストを送迎する際にも便利なハイヤーですが、活用方法はそれだけではありません。例えば、特別な記念日やサプライズの送迎などに利用する方法もあります。ハイヤーを手配できる会社の中には、細かく希望を聞いて、それに合わせた演出をしてくれるところもあるので、利用してみようと思ったら、まずは問い合わせをしてみましょう。ホームページの問い合わせフォームや電話で受け付けているところもあります。目的地までをただの移動ではなく特別で快適な時間にしてくれる魅力ある移動手段として、ハイヤーを利用するのも選択肢の一つに加えてみましょう。